【D9シリーズ1】D9クラブというビジネスに投資してみた。登録が完了したので紹介する。

こんにちわ、裕真です。

今回は最近(昨日)手を出した投資案件について紹介していきたいと思います。どんな案件かというと・・・

利回り200%以上の稀に見る高利回り案件。

これだけ聞くともう怪しさしかないのですが、話を持ってきた人が信用できるというのと日本では3ヶ月前に始まったばかりなのでチャンスだと思い手を出してみました。

逆に言えばまだ始まったばかりなので情報が少なく、怪しさがありますが一気に稼げるのはこういうときなので、不動産以外の投資から3年くらい身を引いていましたが今回1口乗ってみることにしました。

まだ強くおすすめはできませんが興味がある人はtwitterで連絡いただければ詳細を説明の上、登録代行につなぎます。(登録するためには紹介者が必要です。)


スポンサーリンク

今回投資したのはD9クラブ。

今回投資を行ったのはD9クラブという案件(サービス)です。

D9クラブは2003年8月にブラジルで創業したサッカースクールと投資を行う会社で13年以上の歴史があります。今回は投資の話なのでサッカースクールは関係ありませんのでブラジルの投資企業だと思ってもらえれば良いです。

そして、特徴的なのが投資先です。日本では珍しいですが、投資先となっているのが賭け事です。もっというと世界的にはブックメーカーと呼ばれているものでサッカーや野球の試合から大統領選挙まで何でも賭けていく海外で流行っている賭け事(トレード)です。これは試合の勝敗だけでなく、例えばサッカーで”点が入る“、”イエローカードが出る“、など細かい条件でベットしていくことも可能です。

ブックメーカーの会社は9000社以上あり、数兆円規模にまで達していると言われており、今も伸び続けています。例えば、1934年創業で世界最高と言われているWillamhill Sportsやアジア圏に強いと言われているNetBet Sportsなどは日本語対応していますし、今回のD9クラブにも関係しているBetfairは海外サッカーで有名なFCバルセロナのオフィシャルスポンサーとしても有名です。FCバルセロナの公式サイトにもBetfairのボタンが設置されているほどですね。

f:id:Yumasty:20170121102114p:plain
FCバルセロナ公式ウェブサイト – バルサ | FC バルセロナ公式チャンネル – FC Barcelona

このブックメーカー、過去にも日本で投資として話題になりました。

それは”アービトラージ(裁定取引)“という方法で稼ぐことができるというものです。これは日本の競馬や競輪などは胴元が統一されているため考えられないことですが、海外では胴元(=ブックメーカー会社)が複数存在しているため、オッズにズレが生じます。このズレを使って確実に勝てる取引をしようというものです。詳細は脱線するのでここでは説明しませんが気になる方は調べてみてください。

つまりD9クラブの高利回りは賭け事だからこそ生み出すことができているということです。とりあえずリスクの話は次に置いておくとして高利回りを実現できる理由としては納得です。

※補足ですが、D9クラブの投資先はBetfairのみであるため、先ほど紹介したアービトラージで稼いでいるわけではないと考えられます。

賭け事なのになぜリスクが少ないのか?D9クラブの勝率は?

ここまでの話を聞いて1番不安になるのは「賭け事への投資って大丈夫なの?」ということでしょう。賭け事というのは胴元が稼ぐ仕組みになっており、参加者はトータルでは損をする、というのが一般的です。ただし、この1番のネックに対してD9クラブは高い勝率で克服しています。

D9クラブは勝率90%以上、日利10%以上を実現!

胴元のBetfairが稼いでいるのに参加者のD9クラブも稼ぐことができるのか?と思うかも知れませんがブックメーカーのような賭け事のタイプでは勝つことができるのです。これは誰と勝負しているのか、を考えれば納得します。下記に賭け事の2つのパターンを図にしてみました。

f:id:Yumasty:20170121111358p:plain

まず一般的に必ず負けると言われているパチンコやスロットのようなギャンブルの場合です。これはどうなっているかというと、胴元であるパチンコ屋と個人が勝負していることになります。台にお金を入れて、当たりを引いて入れたお金よりも出たお金が多ければ客の勝ち、少なければ客の負け。

いたってシンプルな勝負のように見えますが、対戦相手が胴元であり、確率や回転率、出玉率などの数学的要素が計算されて調整できるのでトータルでは胴元が勝つようになっています。中にはこれが逆転するような優秀台もありますが、それを見つけて打ち続けるというのはなかなかできるものではありません。

f:id:Yumasty:20170121112252p:plain

次にブックメーカーですがこれは胴元と勝負するわけではなく、同じ試合にかけた×別チームの勝利にかけた客と勝負になります。

この場合、対戦相手との条件は基本的には同じです。ただし、客の中には過去の実績や数学的な計算をせずに好きなチームにかけるような人もおり、D9クラブのように会社規模で動いて情報を得て、根拠に基づく計算でベットしていけば相手に勝ち続けるというのは不可能ではありません。

類似のものとして株やFXがあります。株やFXも客同士の取引(勝負)であり、組織(銀行やファンドの金融商品)では勝てる確率が上がっています。この場合も胴元は手数料で必ず稼ぐことができる仕組みになっています。

つまり、勝率90%以上というのは、Betfairで10年以上の取引で得たノウハウや組織で動いていることを考えると伝わっている通り利益を出している可能性というのは十分あり得る話。

もちろん多少の誇張表現が含まれていると考えるべきなのでリスクがないとは言い切れませんが頭ごなしに否定する仕組みではないようです。

なぜD9は13年以上続いているのに今なのか?

これだけ高利回りの案件がなぜ今まで聞くことなく、今さら日の目を浴びることになったのか?D9クラブは13年以上も歴史あるのにこのタイミングで注目を浴びるのは怪しい!

こう思われた方も多いでしょう。私も思ったので調べてみるとしっかりとした理由がありました

それは、ブラジルで投資詐欺が流行っていることからブラジル政府が不特定多数からお金を集めることが禁止したため(国の法律で規制)です。今までのD9クラブは不特定多数の投資家からお金を調達してBetfairに賭けるという形態としていたため、今までのビジネスモデルが維持できなくなってしまったのです。

この解決策として、資金の調達先を不特定多数から特定多数に切り替えるために会員制のビジネスに変更しました。また、この変更を広めるために会員制の中でもMLMの形式をとることにしたようです。

これがいつの話なのかは正確にはわかりませんが最近のことであり、そして、日本に持ち込まれたのが2016年の11月ということになります。

どのような仕組みなのか?

ではどのような配当の仕組みになっているのか、もう少し深掘りしてみようと思います。

まずはトレーディングスクールに登録

D9クラブの登録とは、月額50ドルのトレーディングスクールの登録になります。

え?投資だから金融商品を買うのではないのか?と思った人がいると思いますが違います。先ほど説明した通り、ブラジルでは投資のために不特定多数の人からお金を集めることが禁止されているため、まずは会員を集める必要があります。

この会員を集めるために、まずはオンライン学習できるトレーディングスクールを開校しました。この会員に投資を募る=特定多数からお金を集めるということになります。なので、まず登録するのはトレーディングスクールになります。

これだけでは受講生なだけなので投資にはつながりません。
スクールとして提供されているブックメーカーの知識や情報を使ってトレードして稼ぐというのはありですが、リスクが高まるのでオススメはできません。

D9でボーナス(配当)をもらうにはパッケージを購入(投資)する

会員登録しただけの状態をスタートといいます。
この場合はスクール受講の権利のみであり、まだ配当をもらうことができません。配当をもらうにはパッケージを購入する必要があります。パッケージには以下の4種類があります。
f:id:Yumasty:20170121130718p:plain

購入金額でそのパッケージを購入(=投資、権利発生)することができます。実際はD9では日本からの直接登録ができないため、登録代行を通すことになります。このため、代行の手数料で購入金額よりも数%上がります。私が登録した時はゴールド+に受講料1ヶ月分で27,7000円でした。上記の金額よりも10%ほど手数料が加算されましたね。

ポイントという要素がありますが、このポイントは基本的に1ポイント1ドルと考えて下さい。このポイントに配当割合をかけたものが毎週もらうことのできる配当金額になります。

例えば、ゴールド+なら340×50%=170ポイント=170ドルということです。これが最も基本的で重要なボーナス(配当)になります。この金額で初期投資の回収までをシミュレートしてみると・・・

初期投資27,7000円=2308ドル(1ドル120円換算)
2308ドル ÷ 170ドル = 13.6週

つまり14週間あれば回収することができるということです。これに月額50ドルがかかるので4ヶ月で初期投資が回収できると考えておけば良いです。

配当金額と購入金額を比べてもらえればわかると思いますが、毎月50ドル必要なことを考えるとブロンドやシルバーではメリットがなく、最低ゴールド、おすすめはゴールド+になります。というか、投資ならリスク取ってでもゴールド+にすべきでしょう。

この他にも下記で紹介するMLMの仕組みでもらうことができる配当もありますが、一番大きくてシンプルな配当だけでも4ヶ月で元がとれるというのはいいですね。リスク回避のためにも早めに元本を回収することができるビジネスというのは好感が持てます。

注意するポイントとしては、このパッケージは1年間(52週間)有効です。
52週間経つと配当はもらえなくなりますので一生もらえるものと勘違いしないようにしましょう。4ヶ月で元ということは残りの8ヶ月でもらえる配当が全て収益ということになります。※1年後に更新は可能。

人を紹介することにより直紹介ボーナスがもらえる

基本的には配当をもらって稼ぐスタイルとなりますが、D9クラブは今回の件でMLM(マルチレベルマーケティング)を取り入れているため、MLMによるボーナスをもらうチャンスがあります。

MLMとは簡単に言うと口コミで人に伝えて、伝えた人が会員登録すると紹介者にボーナスが入る仕組みのことです。しかも伝えたタイミングだけでなく、伝えて入会した人が会員を続けている期間はずっと入り続けます。

▼伝えたタイミングでもらえる報酬
・売上ポイントの50%が報酬としてはいる。
例:ゴールド+(340ポイント)の人を紹介すれば170ドル

▼伝えた後に会員の間もらえるポイント
・紹介者のスクール受講料(月額50ドル)の10%
例:直下に紹介した人が2人いれば50ドル×2×10%=10ドル

これは自分が紹介した場合に入るボーナスになります。
さらに紹介した人が紹介した場合も割合は小さくなりますがボーナスをもらうことができます。例:直下の紹介者が紹介者を出した場合に5%の報酬など

f:id:Yumasty:20170122120507p:plain

例えばゴールド+(340ポイント)の人を紹介すれば340×5%=17ポイント=17ドルとなります。これは1回きりであり、大した金額にはならないですが自分が直接紹介することなくもらうことができるので嬉しい報酬になります。

f:id:Yumasty:20170122122704p:plain

紹介者のスクール受講料によるボーナスもユニレベルごとに設定されています。
これはレベル1(=直接紹介者)のスクール受講料の10%が報酬として支払われるということです。これは毎月支払いが行われる、かつ、レベル6まで設定されているので自分で紹介しなくても増えていく可能性があります。これがMLMのうまみですね。

ただし、配当を見る限りMLMの中ではこの報酬が低めに設定されているように感じます。
多くのMLMでは、紹介者をたくさん出さなければ稼ぐことができませんが、D9クラブでは、紹介者を出すことによるボーナスではなく、配当によって稼ぐスタイルなのでこのようにユニレベルによる配当は低めに設定しているということでしょう。

バイナリー報酬(バランスボーナス)

D9クラブではバイナリー報酬というのを導入しています。

これは、自分の直紹介が2人ついた時点でスタートします。この2人が次の紹介者を出したタイミングで少ない方の40%がポイントとして入るということになります。
言葉だけでは難しいので下の画像をご確認ください。

f:id:Yumasty:20170122125543p:plain

ここでは、ゴールド+をオススメしているので全員がゴールド+で登録していることを前提に進めていきます。

このバイナリー報酬というのは先ほど述べた通り、直接紹介が2人出た時点でスタートします。この場合、AさんとBさんが登録した時点でスタートするということです。Aさんの方を左系統、Bさんの方を右系統とします。

次にAさんがCさんとDさん、BさんがEさんをそれぞれ紹介したとします。このとき、少ない方の系統(=右系統)の40%が報酬として入ります。ただし、各系統一人目は除きます。つまり今回の場合はBさんのポイントが除かれてEさんのポイントの40%が報酬として支払われるということです。

例:340(Eさんのポイント)×40%=136ポイント=136ドル

あとは左右の系統が増えていくことにより、報酬をもらうことができます。ここで気をつけなくてはいけないのが左右の系統の少ない方のポイントが入るということです。つまり、片方の系統ばかり伸びてしまっては収益を得ることができないということになります。

新しい紹介者を出すときにどちらの系統につけるかは慎重に決める必要があります。

加速させるには複数口の購入をしよう

ここまでD9クラブの報酬を紹介してきました。
これは最初に1口購入した場合の例でしたが、収益を拡大・加速させるためには複数口の購入や追加購入をしていくという方法があります。

D9の特徴の1つにMLMなのに複数登録できる

というのがあります。
MLMは紹介制ビジネスであるため、基本的に自分で自分を紹介するということができません。これができてしまうと不当に報酬を得ることができるようになるケースがあるからです。

ただし、先ほども話した通りD9クラブはMLMとしては報酬が低めに設定されています。また元々が投資案件であるため、複数口の購入が可能になっています。

複数口を購入することで毎週の配当が増えるとともに、紹介報酬やバイナリー報酬を最初から得ることができるので回収までの期間を加速させることができます。

最初から複数口を購入するのが資金的に難しい、信用ならないという場合は追加購入することもできます。最初の投入資金は約4ヶ月で回収することができるので、その回収した資金でもう1口購入します。

これで配当金が倍になるので次は2ヶ月で最初の元本を回収することができるようになります。ここで引いても残り半年は配当をもらうことができますし、さらに再投資してもいいでしょう。このように再投資を繰り返して報酬を増やしていくのです。

やるなら早めがいい。ただし、詐欺や遅延に注意

MLMの場合、紹介者が紹介者を出すことによって報酬を得ることができるので早めに登録することが稼ぐために重要になってきます。まだ日本で開始されて3ヶ月程度であるため、登録者が少ない今がチャンスになります。

ただし、お金を支払っても登録されないという事案が発生しているようです。

このような投資案件には2つの詐欺が発生する可能性があります。
1.投資案件そのものが詐欺
2.投資案件を悪用して詐欺を行う

今回の場合、1もまだリスクではありますがしっかりと配当を支払われたという話がインターネット上にもありますし、オフライン上のリアルな紹介者からも確認が取れていますので私はとりあえず安心しています。

問題となっているのが2です。
D9クラブへの登録はD9社に直接登録することができず、登録代行業者を通じて登録することになります。このとき、紹介者のIDと支払いが必要になります。この支払いを行ったのに登録が完了しないという事案が発生しているようです。

現在、D9クラブへの登録を代行している業者がいくつかありますが、その1つまたは複数に問題があるようです。詐欺かどうかはまだわかりませんが、登録が順調にいっていないのは確実なようです。

登録は問題なければ3営業日以内に完了します。私の場合は午前中に登録申請&支払いを行ったら当日中に完了しました。問題がなければこのように数日で終わるので登録されないようなら怪しんだ方が良いでしょう。

とはいえ、支払い後に気づいても遅いです。
D9クラブ自体のリスクは把握して考えておくべきですが、登録する場合は登録代行を気をつけて選ぶようにしましょう。リアルな紹介者でもインターネットからの紹介者でも、しっかりと情報を開示して信用できるか、そしてその紹介者に使っている登録代行業者が信用できるものなのかを確認しておきましょう。

リスクを理解した上で、このD9クラブの投資に挑戦してみたいという人は、冒頭にも書きましたがtwitterに連絡していただければ紹介者IDと登録URLをご連絡いたします。

また必要に応じてtwitterのDMやLINEにてサポート、時間の都合がついて都内なら直接お会いして説明することができる人(私のアップライン)を紹介します。

そのほか、気になることがあればtwitterで聞いてください。

答えることができる範囲で回答させていただきます。

今後も状況をカテゴリ「D9クラブ」にて記事にしていきますので興味がある人はご連絡ください^-^

※投資にはリスクがあることをご理解ください。

※情報は可能な限り正しいものを提供しようと努めていますが、公式情報が少ないため誤りが記載されている可能性があります。ご理解ください。

※当サイトは情報の提供を目的としており、D9クラブの事業には関係ありません。1人の会員であることをご理解ください。

※登録代行業者の紹介は紹介のみであり、実際に行う場合は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク