初めてでもお金になる、ネットでお仕事がもらえるクラウドソーシングサービスまとめ。お小遣い稼ぎに最適。

2〜3年前に爆発的に話題になったクラウドワークス。

インターネットを使って全国の普通は出会えないような人に仕事を依頼することができる、また仕事を受けることができるということで日本人の働き方を変えるのではないかと騒がれました。

それから数年。

ブームに乗って多くのクラウドソーシングを提供するサービスが生まれましたが利用者の「あれ?思ったより稼げない?」という声とともに多くのサービスが終了に追い込まれました。

そう、確かにクラウドソーシングはフタを開けてみれば働き方を変えるほどの収入を上げるのは難しい、ということがわかりました。なので、本業にしたい人やがっつりと稼ぎたいと思っている人には向いていなかったんですよね。テレビや雑誌の過剰広告というやつですよ。

ただし、お小遣い程度であれば稼ぐことができます。

現在も残っているサービスはサイトのレベルも高く、運営もしっかりしています。このようなサービスを利用することによって、毎月20万〜30万を稼ぐのは難しいですが5千円〜1万円程度のお小遣いならもらうことができます。


スポンサーリンク

お小遣い程度のお仕事がもらえるサービス

現在も利用されているクラウドソーシングサービスです。各サービスに特徴があるので気に入ったものを利用すればどのサービスでも5千円〜1万円程度であれば稼ぐことができます。

サービスによっては高額案件もありますが、お小遣い稼ぎにはデータ入力やライティングに絞って受けるといいでしょう。少しチャレンジングですがデザインが得意な人はデザインのコンペなんかも楽しくてオススメです。

一躍クラウドソーシングを有名にしたクラウドワークス

%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%a6%e3%83%89%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b9

2012年ごろからサービスを開始したクラウドワークス。テレビで何度も紹介されることによって、一躍クラウドソーシングという働き方を広めたのがこのサービスではないでしょうか。

会員数は100万人を超えており、ランサーズとクラウドワークス、どちらが最大手かとよく言われていましたが個人的にはクラウドワークスの勝ちかなー、という気がしています。※個人的見解

とはいえ、クラウドソーシングサービスは1つだけでなく複数登録がオススメなのでランサーズも登録したほうが良いと思います。

特徴としては、単価の高いがっつり稼げる系の仕事も多くあること

WEBデザインやサイト構築、システム開発などの長期的かつ金額の高い案件を多く抱えているので専門知識と能力がある人はこれだけで生きていくこともできます。(ごく少数) ただし、繰り返しですがお小遣い稼ぎにはデータ入力やライティングがオススメです。

依頼総額1000億突破、日本最大級のランサーズ

ランサーズ

2008年からサービスを開始している、日本でのクラウドソーシングの先駆けとなったランサーズ。その規模は日本最大級であり、依頼されたクラウドソーシングの金額は1000億円以上とかなりの金額となっています。

クラウドワークスと共に日本のクラウドソーシング業界を牽引している大手サービスです。

特徴としては、単価の高いがっつり稼げる系の仕事も多くあること

クラウドワークスと同じく、大型の案件を複数抱えているのが特徴です。もちろん、ライティングやデータ入力などの案件もありますが、稼ぎたい人には稼げる案件が転がっている、というのは大手サービスの強みですね。

気軽に稼げるのがポイント、シュフティー

シュフティー

主婦(シュフ)にも稼ぎ易い案件を取り扱うのでシュフティー、という名前をつけたと聞いた気がするけどどこにも書いてなかった(笑) 女性向けのライティング依頼が多く、現在も「出産・妊娠・子育の体験談」の依頼がトップに来ているなど主婦が気軽にできる案件が多くなっています。もちろん、登録禁止などはないので学生や男性でも稼ぐことはできます。

記事作成、ライティング、データ入力、宛名書きetcなどの事務作業に強いのも主婦向けと言えますね。

特徴としては、ライティングやデータ入力含め事務作業的案件が多いこと

5千円〜1万円程度のおこづかいを稼ぐのに狙うべき案件に強いサービスになります。意識的な敷居ですが、ランザースやクラウドソーシングなどよりも気軽にチャレンジしやすいと思います。スマホの専用アプリからもできます。

どんな願いも500円!自分の得意が生かせるココナラ

ココナラ

基本的には取引が500円で統一されている、少し変わったサイトがココナラ。「内容に関係なく500円ってどうなのよ?」と思う人もいるかと思いますが、受ける方は最低金額が500円保証されているのは嬉しい(他だと10円とか50円とかザラ)ですし、頼む方も500円なら気軽に頼みやすい、絶妙な金額になっています。

特徴としては、1件500円で依頼内容は何でもありということ。

また、形式が普通とは逆で”受ける方が◯◯をします。“といった募集をかけており、それに対して求めている人がお願いをする、といった形になります。まぁ、形式が逆になるだけで他のサービスと同じような稼ぎ方もできます。(データ入力します、ライティングします、で募集する)ただし、ココナラに関して言えばデータ入力やライティングよりももっと自分の得意なことで勝負した方が稼ぎやすいと思います。

注意すべきポイント

ここまで4つの扱いやすい、信用できるサービスを紹介しましたが1つ注意点があります。それは払い出しには各サービスごとに最低金額が設定されているのである程度こなさないと振込されないということです。

5000円稼ぐのに各サービス1250円/月を稼いだとしても実際に手元に来るのは0ということですね。なので仕事量を少しにするのであればどこかのサービスに絞った方が振込のタイミングは速くなります。ただし、長く続けることができるのであれば1250円/月を4サイトで稼いでいれば4ヶ月後にまとめて5000円×4ヶ月分=20000円が振り込まれるので同じです。

※払出最低金額が全て5000円の場合

どのスタイルが良いかはやってみなくてはわからないと思いますので、実際に登録してこの払出を意識しつつ試していけば良いと思います^^

まとめ

この4種類を使えば、誰でも少しのお小遣いであれば稼ぐことができると思います。クラウドワークスとランサーズは似たサービスですが、案件が少し違うので両方登録して比べた方が使いやすいと思います。

シュフティーとココナラはハマる人はハマる、仕事というよりは本当に少しおこづかいを稼ぐことを目的としているので気軽に始めることができます。

ネットでわずかなおこづかいを稼ぐのは簡単です。まずはサービスに登録して50円や500円というお金を稼いでみてください。

スポンサーリンク