はじめてのドールハウス。市販のドールハウスキットを作ってみた。

輸入を始めた頃(1年前)に仕入れてみたけどイマイチで在庫が家に残っていたドールハウス。

「もしかしたら自分にぴったりの趣味になるのではないか」

と思い、今回その1つを作ってみました。

せっかくなので作る工程やどんな風なものが出来上がるのかを写真に撮って”ドールハウスとは何なのか”、”キットを買うとどんな風になっているのか”を紹介しようと思います(^^)


スポンサーリンク

ドールハウスとは?

日本語に訳すと”人形の家”。

その名の通り、人形サイズに合わせた小さな家や別荘、ログハウスなどです。子どもの人形遊びに使うりかちゃん人形シルバニアファミリーとは違い、リアルさを追求しており、主には実物の1/12で作られます。ミニチュアの1種ですね。

出来たものを飾って楽しむだけでなく、作る工程を楽しむ遊びです。

6aab9ca4aeaeb3d0e5f28e0e1c78b8a6_s

上手な人はこのようなものを手作りしています。本当に細かい。。。

もちろん、初心者はこのようなものを1から作ることは出来ないのではじめて作る人はキットを使って作ることをお勧めします。今回利用したキットはこちら。

オシャレな球体ガラス 組立式 ミニチュア ドール ハウス 音感センサー搭載 専用フックで上から吊るせます


Amazonで1700円程度なのでとりあえずはじめてみるには丁度いい価格です。他には部屋だけのものやもっと豪華なものもありますがシンプルなハウス1つ作れるキットを選ぶといいのではないでしょうか。

早速作ってみよう!

では早速作り始めてみようと思います。

先に言ってしまうと「2〜3時間で出来るだろう」とあまく考えていたら「2週間かかりました」。もちろん、ずっとやっていたわけではなく気が乗った時に少しづつ作業を進めていった結果ですが。予想以上に時間はかかります。

IMG_5311

パッケージはしっかりと箱に入ってきます。中国商品なので外装から文字は中国語ですね。この後出てきますが説明書も中国語です。

IMG_5313

開けてみるとこんな感じ。のり、ボンド、カッター、線引きなどの作業道具もこの中に同梱されているので作ろうと思えばこのパッケージだけで作ることが可能です。

ただし、カッターは切れ味があまり良くないので別途用意した方がよく、カッティングマットが必要。どちらも100均で売っているのでそれくらいは追加で出費してもいいでしょう(なくても可)

上の発泡スチロールは飾りようのガラスの球体が入っています。

IMG_5315

このように説明書も中国語ですが、図解が載っているのでなんとなく雰囲気で進めることができます。

IMG_5317

IMG_5320

さて作ろう。

ん?速攻で謎のCパーツが出てきます。袋はA、Bしかないけど・・・

IMG_5321

と、探してみたらありました。

説明書の後ろの方のページに付属しています。これを切って使うようですね。

IMG_5325

Aパーツと切り抜いたCパーツをのりで組み合わせます。

IMG_5326

そして窓枠のパーツをはめる。

IMG_5327

「こんな風に作っていくのか。楽勝じゃないか」

まだこの辺りでは余裕でした・・・。

IMG_5342

順調に進めていってこの2階床を作るタイミング。

IMG_5407

「あれ?入らない」

順番を間違えて先に右側の壁もくっつけてしまったためか寸法が合わない。しかも結構合わない。壁のつけ方を間違えたかと思ったが絵では合ってる。

「中国商品だから適当なんだな」

ということで床を削って寸法を合わせることに。

IMG_5408

これで無事、寸法が合って床を取り付けることができました。

・・・結論から言うとこれが間違い・・・。

壁の取り付け方が間違ってたんですね。

壁の取り付け

後半でベランダとか手摺付ける時に合わない寸法が出てきて気づきました。だって、図はどう見ても左になってるじゃないですか・・・orz

IMG_5409

だんだんとめんどくさい作業が出てきました。この糸をこの小さな紙で作った箱に巻けと。オレンジのビーズにさらに小さいヘタをとりつけろと(ヘタは諦めた)

っとここから写真は省略して・・・。ちっちゃな椅子やソファを作ったり、それに布を巻きつけたり、階段を作ったりと細かい作業が続きます。辛かったんで1日2〜3パーツずつ進めました(笑)

IMG_5426

そしてようやく完成したのがこの1階部分。こうやってみると意外にしっかりできている♪

ただし、見えていますが2階部分はまったくできていません。

IMG_5478

そして2階部分その他テラスやベランダを作成。

家の中の右側手摺が1階、2階ともずれてしまっているのが先ほど間違えてしまった2階床のせいですね。中国製品だからとなめてました。削らなくても寸法合ってました。反省。

IMG_5479

2階部分はベッドとドレッサーなどですね。

この観葉植物、説明書ではギザギザの葉ですがそんな細かく作れなかったのでこのようなシンプルな形になりました。

IMG_5482

そしてガラスの球体に入れて周辺パーツと合わせて完成です。

この木も本来はギザギザしているのですが細かすぎて無理だったので適当になりました。1番難しいのはこの木だと思います。砂は本当に砂なのでこぼれないように注意が必要。

別売り?のフックで吊るすことでおしゃれに飾ることができます。なければ紐を括り付けてどっかから垂らしてもいいのではないでしょうか。※自己責任

ドールハウスをはじめて作ってみた感想

「これは俺の趣味にはならない」

まず思ったのがこれですね。作業が細かすぎて自分には辛かったです。初心者用のキットでこれなので本格的なドールハウスは地球がひっくり返ってもできないでしょう(笑)

ただ、価格の割には時間がかかるのでこういうのが好きな人にとってはあまりお金をかけずに楽しめる趣味になるだろうなー、とは思いました。さらにこだわればいくらでもこだわることができるのも趣味にするにはいいポイントかも。

細かい作業が好きな人はぜひ1度作ってみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク