iPhoneで写真の位置情報を記録しない方法

iPhoneで写真を撮った場合、初期設定の場合は位置情報が自動で記録されます

この位置情報というのは、後からどこで撮影したのか調べたり、SNSに投稿するときに撮影場所のお店やスポットの情報を自動で設定してくれたりと色々と便利に使われる反面、家の中で撮影すると家の位置が公開されてしまうなどの弊害もあり、注意が必要です。

今話題のポケモンGOに対する政府の注意喚起にも「GPSが付かないように設定しましょう」と記載されていましたね。→詳細はこちらの記事

ということで、iPhoneでカメラ(写真)の位置情報をオフにする方法をご紹介


スポンサーリンク

位置情報をオフにする(全ての機能)

iPhoneの位置情報をオフにする方法は大きく分けて2つあります。

1つはiPhoneのGPS機能を全てオフにする方法、そしてもう1つは機能ごとに設定する方法です。特にGPS機能を利用するアプリを使用していない場合は全てでオフにするのをオススメします。

手順は「設定」、「プライバシー」、「位置情報サービス」 →オフにする

GPSオフ1

GPSオフ2

GPSオフ3

GPSオフ4

この位置情報サービスの右側のスイッチを動かしてオフ(緑が見えない)ようにするとiPhoneの位置情報サービス(GPS)が全てのアプリで利用できなくなります。

ただし、マップ系のアプリ(googleMAPやマップ)をよく使用する人は現在地が表示されなくなる(正しく表示されない)ので次で紹介する機能ごとにオフにする方法の方が良いです。

最近話題のポケモンGOもGPS機能を利用するので位置情報サービスを全てオフにすると使用できません

位置情報をオフにする(一部の機能)

次に対象の機能だけGPSの性能を制限する方法です。

例えば、カメラだけGPS機能をオフにすることによって、撮った写真に撮影場所の記録が残らないようになります。

手順は「設定」、「プライバシー」、「位置情報サービス」、「対象機能」 →オフにする

位置情報サービスの画面で下の方に行くとインストールされているアプリが一覧で表示されています。その中から対象の機能(例はカメラ)をクリックします。

GPSオフ5

次にアプリごとに許可方法が選択可能であるため、設定したい方にクリックしてチェックします。(カメラの場合は”許可しない“か”このAppの使用中のみ許可“)

GPSオフ6

これで撮った写真に位置情報が付加されなくなります。

家で飼っているペットや自分で描いた絵などの作品をSNSなどに投稿する人は、自宅の位置情報が撮った写真に付加されていると住所が公開されてしまうのでオフにすることをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク