肉を食べてダイエット!?実は赤身肉は美容と健康に良いらしい!

ダイエットのために食事制限・・・となるとあなたは何を控えますか?

糖分を含んだ甘いもの、炭水化物、そしてお肉を控えて野菜中心にするという人が多いのではないでしょうか?

実は・・・最近の研究で赤身肉はダイエット中に食べても良い!と話題になっています。

そんなダイエット中のお肉についてご紹介!


スポンサーリンク

赤身肉がなぜ良いのか?

なぜ今さらになって肉がダイエットで食べて良いと言われるようになったのか。

それは先ほどから書いている通り赤身肉というところにポイントがあります。まず、脂が多くカロリーが高い部位は今まで言われている通りダメ。赤みは肉の中でも低カロリーなので摂取カロリー自体を抑えることができます。

そして重要なのが”L-カルニチンという脂肪燃焼を促す成分がたっぷりと含まれている“から。このL-カルニチンはカラダの中で作られる成分ですが、年齢を重ねるごとに作られる量は減っていきます。なので年をとれば脂肪燃焼しにくくなっていきます。

赤身肉は、このL-カルニチンを多く含んでいるので外から補給することができるのです。

2c6d570957e913a6c66dfe6f601eb393_s

また、鉄分を多く含んでいるので貧血予防になります。

食事制限をしていると栄養が足りなく貧血にもなりやすいもの。ダイエット中でも積極的に赤身肉を食べることによって体調を整える手助けになります。

どうやって食べればいいのか?

赤身肉がダイエットにいいからと肉には変わりないので下手に食べたり食べすぎたりするのは良くありません。具体的にはどうすれば良いのか。ポイントは2つ。

  1. 牛肉か豚肉の赤身肉
  2. 1日の量は手のひらサイズ(100〜150g)

この2つを守ると良いでしょう。

牛肉と豚肉に絞るのはL-カルニチンが多く含まれているため。実際は羊肉>牛肉>豚肉の順でL-カルニチンが多く含まれていると言われていますが、羊肉はなかなか手に入らず高いので牛肉が良いと思います。鶏肉は低カロリーで太りにくいですがL-カルニチンが牛肉などに比べて少ないです。

部位でいうと「ヒレ肉」「もも肉」が赤身が多く低カロリーでもあるのでオススメ

調理方法は”焼く”または”茹でる”

当たり前ですが、低カロリーな赤身肉を選んだとしても調理方法でカロリーを上げてしまっては意味がありません。砂糖やみりんなどの糖質を多く含む調味料は避けるべき。

カロリーを抑える調理方法として一番良いのは”茹でる”です。

余分な脂質もなくなり、低カロリーで食べることができます。豚しゃぶとかいいですね^-^

他には焼く、蒸すなども調理方法などではカロリーが低い食べ方になります。なので意外ですがステーキなどは食べても良いのです。ダイエット中にステーキがおすすめ、って今まで肉を控えてた人からしたら意外すぎますよね。

これも当たり前ですが、いくら焼いてステーキにしたら低カロリーといえど、バターを乗せて醤油を垂らして食べたり、調味料で濃い味付けをしてしまったら意味ありません。↓はダメ

77e15a88b0d85956c1cff3c6a25ffb86_s

ということで、ダイエットのためにお肉を控えてストレスフルな人は、赤身肉のステーキを食べて美味しくダイエットに切り替えましょう。

※もちろん、これだけで必ず痩せるというわけではありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク