【レザークラフト】キーホルダーを作ってみた。1日目(合計2日)

今回は、前回買ったナスカンを使ってキーホルダーを作ってみようと思います。

前回記事:【レザークラフト】初心者でもつかいやすい金具3種類を購入してみた。

キーホルダーを作るにあたって参考にしたのはフィレンツェで買ったこのキーホルダー。表革と裏革、リングを止めるためのつなぎの3つの革からできています。今回はこのリングをナス間に変えて作ります。

フィレンツェキーホルダー

製作は2日に分けて行います。

といっても1日目でほとんどできる予定です。ただカシメがない(購入しているけど届いていない)ので2日に分けました。2日目は明日書きます。

関係記事:

【レザークラフト】キーホルダーを作ってみた。1日目(合計2日)


スポンサーリンク

初心者がキーホルダーを作る!1日目

今回はキーホルダーということで、厚みがあって固めの革を選びました。革の種類は、端切れセットで買ったのでわからない・・・(まだ見分けがつかない・・・)けど、表革は牛じゃなさそう。

使用する革

上の革を表革、下の黒い革を裏革として使用します。

裏革は牛革ですね。少し柔らかいですが、厚みがあったのでこの革を選びました。暑さはどちらも2mm程度です。

では、作っていきましょう。

1.型紙を作る。

まずはいつも通りエクセルを作って型紙を作っていきます。

上に乗せたキーホルダーを参考にしていますが、完全なパクリではなく微妙に大きさや丸みは変えて作っています。あくまで参考です。

出来上がった型紙はこちら(PDF)

※初心者の作る型紙なので使用する場合は自己責任でお願いします。

キーホルダー型紙

表革と裏革の2パーツ分書いてありますが、形は同じなので1つ作って兼用して問題ありません。下の長方形がナスカンを留めるパーツになります。

これをA4に印刷して固紙に貼り付けます。

固紙

そして切り取る。以上で型紙が完成です。

型紙

2.型紙に合わせて革を切りとる。

型紙を革に当てて切り取ります。

型紙よりも少し大きくざっくり切り取って、後から調整する方が時間はかかりますが仕上がりが綺麗になります。自分はもう型紙のサイズに合わせて最初から切り取りました。

革を切る1

マスキングテープで型紙を固定してカッターで切り取ります。

もちろん革包丁を使ってもいいですが、曲線などはカッターの方が切りやすいです。(&革包丁を最近研いでないので切れ味が悪かった。。。)

革を切る2

これで必要な3パーツが出来上がりました。

3.表革と裏革を合わせる

次に表革と裏革を合わせます。

サイビノールを塗って合わせた後に、菱目打ちで穴をあけて糸を通していきます。

革を合わせる

そして目打ちしていきます。

今回は端から5mmの箇所を縫っていくので調節式ネジ捻を使って目打ちする5mm部分にラインを引きます。

革を合わせる2

ちょっと失敗して雑に・・・。でもこの程度で大丈夫です。

レザークラフト工具 調節式ネジ捻 線引きや印付けに 印付け

価格:2,170円
(2016/5/10 22:34時点)

穴をあけた段階。

革を合わせる3

そして後は地道に縫っていきます。といっても10分〜15分くらい。

革を合わせる4 革を合わせる5

縫い終わったら糸を両方後ろ側にします。

革を合わせる6

その後、短く切り落としてライターの火で炙って少し溶かして解けないようにしたら縫い終わり。

1日目完成

側面はトコノールを使ってコバ磨きをしておきます。

トコノール 無色/黒/茶(内容量120g)

価格:583円
(2016/5/10 22:38時点)


今日はここまで!

次回はカシメと長方形のパーツを使ってナスカンをくっつけて完成まで持っていきます。

次回記事:【レザークラフト】キーホルダーを作ってみた。1日目(合計2日)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク