結婚式や敬老の日のプレゼントに最適!写真から似顔絵を描いてくれるサービス

結婚式や還暦祝いなどの記念日に似顔絵のプレゼントはどうですか?

東京タワーや浅草など、人の多い観光地に行くと道端に座って似顔絵を描いてくれるサービスを見かけることがありますよね。デートなどの記念に描いてもらっている人をよく見かけます。

この似顔絵を露店ではなく、自分で撮った写真から描いてもらえるサービスがあるのを知っていますか?インターネットから申し込んで写真を送るとその写真から似顔絵を描いてもらうことができます!

写真から描いてもらえるのでモデルは自分でなくてもOK!

つまり、結婚する友人夫婦の写真を似顔絵にしてプレゼントしたり、敬老の日に祖父母への感謝の気持、恩師への還暦祝いなどいろいろな場面で使えるサービスです^^

露店ではだいたい15〜30分ほどで描いてもらえますが、時間がなくて描いて欲しくても描いてもらったことがない、という人にもおすすめのサービスです。


スポンサーリンク

似顔絵サプライズ.comとは?

似顔絵サプライズ.com

似顔絵サプライズ.comとは、その名の通り、似顔絵を描いてもらうことができるサイトです。特徴的なのは、サイトオーナーが似顔絵を描いてくれるのではなく、多くの似顔絵師がサイトに登録しており、その中から多くの画風の中から好みの画風を選んで描いてもらうことができます

似顔絵サプライズ.comは似顔絵通販の総合ショッピングモールです。

記念日の似顔絵プレゼント結婚式のウェルカムボード、記念品などを中心にプレゼント用の注文を多く承っています。似顔絵には無料でメッセージを入れたり、オプションの背景を入れることで、写真以上に心温まる絵画のような贈り物に発展していきます。また、自分用に部屋で飾るために購入する方もいらっしゃいます。

時間をかけて細部にもこだわってますので、路上販売のショップで数分で描く絵とは全く違った印象です。また、似顔絵プレゼントだけではなく、似顔絵プロフィール画像を作ってお使いいただくこともできます。

名刺を作る際に使ったり、ブログやFacebookのプロフィールに使えます!用途は多岐に渡ります。

特に当サイトはたくさんの専門絵描きアーティストが登録しているので、自分の好みにあった絵を選ぶことが可能です。
ゆっくりご覧いただき、是非、お好みの絵を探してみてください。

引用:似顔絵サプライズ.com

1番の特徴は似顔絵師を選ぶことができるという点でしょう。

線がはっきりしている方が好きか、ふんわりしている方が好きなのか、アニメ風が良いのかリアルタッチが良いか、などなどサンプルを見ながら自分の好みにあった似顔絵師に依頼することができます。人気の似顔絵師ランキングなども出ており、選びやすくなっております。

似顔絵師ランキング

出典:似顔絵サプライズ.com

どうやって依頼するのか?

依頼の方法は簡単です。まずはショッピングモールへの登録から始めていきます。

1.ショッピングモールに登録する。

下記のバナーをクリックして似顔絵サプライズ.comに登録します。

2.好きな画風の商品を選ぶ。

絵のタッチや似顔絵師からお好みの画風を選びます。

左サイドに「用途別カテゴリ」、「似顔絵商品別」、「絵のタッチ」と分類されているのでこちらから選ぶと見つけやすいと思います。

3.注文する

気に入った絵の商品ページの下にある「買い物かごに入れる」ボタンから注文します。
※「買い物かごに入れる」ボタンの前に、オプションで人数、サイズ、額縁の有無などを選択したかどうかご確認ください。

この人数、というのがこのサイトの難しいポイントです。

単純な人数の他に”ペット”、”乗り物”、”アイテム”、”服装”、”背景等の希望”、それぞれが1名分の追加となります。

例:家族5名でお祖母さんには赤いちゃんちゃんこと赤い帽子を描き、背景に家と猫を希望する場合

⇒ 5名分+服装指定1つ+背景希望2つ分で合計8名分でご注文ください。

4.写真とメッセージの送付

注文後、担当の制作者から、絵を描くためのお写真とメッセージの送り方がメールにて届きます。それに従って、写真等を送ってください。

※振込みの場合には入金確認も完了してからの制作になります。

5.製作開始

あとは似顔絵師さんが描いてくれます。

似顔絵師によって下書きが送られてくる場合があります。各似顔絵師のページでご確認ください。

金額は6000円〜ですが、人数によって変わってくるので1万円くらいはかかると考えておいた方が良いです。また納期も似顔絵師によって変わってきますが何もなければ2週間前後としている似顔絵師が多いです。

似顔絵はプレゼントにしたら絶対に喜ばれます。
大切な人へ、大切な日にサプライズとして送ってみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク