初めての官公庁オークション!今、yahoo官公庁オークションがお得で熱い!

今日はお得な官公庁オークションをご紹介します。

オークション

なんか”官公庁“なんてつくとお堅いイメージですが、全然そんなことはありません。ヤフオク!楽天オークションはやったことがありますか?今となっては多くの人が参加しており、毎日市場を賑わせています。

追記:楽天オークションは2016年10月31日にサービス終了しました。

今回紹介する官公庁オークションは、そのヤフオク!や楽天オークションと同じくらい簡単に利用できるYahoo官公庁オークションです。


スポンサーリンク

はじめに:官公庁オークションとは?

官公庁オークション

初めてこの言葉を聞く人のために簡単に説明すると、一般的なオークションは出品者が企業または個人ですが、官公庁オークションは出品者が行政機関になります。影響としては手続きが少しお固くなりますが、オークションの不安要素である相手が信用できるかどうかを考える必要がなくなります。

なぜ官公庁がオークション(競売)を行うのでしょうか?それは主に2つのケースがあります。

1:差し押さえた財産の売却

納税義務を怠った人、あるいは払えなかった人から差し押さえた財産を官公庁オークションを使って売却します。この売却した売上を未納税金の支払いに充てます。

2:公有財産の売却

差し押さえた財産ではなく、各行政機関が持っている資産を売却します。例えばいらなくなった車であったり土地などを民間に引き下げます。この売上はその行政機関の歳入として扱われます。

このような理由で官公庁が出品者となって行われるのが官公庁オークションになります。

官公庁オークションは何が良いのか?

1番のメリットはライバルが少ないことです。単純に言ってしまえば、出品されているものはヤフオク!でも探せば同じものがある場合が多いです。それでも、明確に官公庁オークションはヤフオク!と切り離されているので利用者が少ない。オークションでは、特にせり形式の場合、利用者が少ない環境というのは価格が上がりにくく安く買えるチャンスです。

同じものを買うのであれば、利用者(入札者)が100人いる環境よりも10人しかいない環境の方が安く買える可能性は高くなるのがオークションというものです。まさにヤフオク!とYahoo官公庁オークションはこの状態であると言えます。

なぜ利用者が少ないのか?

これには主に2つ要因があると思います。1つは単純に知られていないから。知らないものには参加しようがありません。ぱっと目についたり聞いたりしても硬そうなのであまり詳しく調べて参戦する人も少ないでしょう。以上。

2つ目は少し手間がかかるからです。

冒頭にほとんどヤフオク!と同じくらい簡単と言いましたが一部だけ違います。それは「申込」と「入札」の2段階方式になっている、ということです。

どういうことかというと、官公庁オークションの場合はどのような物件がオークションに出されるかまず公開されます。ヤフオク!の場合は公開と同時に入札が始まりますが官公庁オークションの場合はまず申込期間が始まります。入札したい物件についてはあらかじめ参加申込が必要になっているんですね。この参加申込をしていないと入札ができないので注意が必要です。また場合によってはここで保証金の支払いが必要になります。いたずら入札などを抑えるためですね。ただし、この保証金は落札できなければオークションが終わったら全額戻ってきます

そうしてようやく入札期間が始まります。以降はヤフオク!などと同じでせり形式で高くつけた方が落札するか、1度だけ入札して1番高い人が落札するかですね。

どんな物件がお得か?

1番お得なのはやはり車ではないでしょうか?現時点で比べてみると・・・

最初に出てきたのはロールスロイスでした。

官公庁オークション_ロールスロイス

【東京局998-1】自動車 : 東京国税局 インターネット公売 Yahoo!官公庁オークション

まだ入札開始していませんが目安としては見積金額1030万となっています。車は詳しくないのですが普通に買おうとしたら同じなのは↓かな?(型番で検索した)

ロールスロイス

ファントム(ロールスロイス PHANTOM)ベースグレード(2010年7月)のカタログ・スペック情報、モデル・グレード比較 (ROLLSROYCE PHANTOM 10063180) | Goo-net自動車カタログ

中古では1430万〜3050万となっているので最低でも400万以上お得!

・・・ちょっと庶民から離れすぎているので近づけましょう。

ヴォクシー

トヨタ ヴォクシー 平成15年式【ナビ・バックモニター付き】【車検:平成28年7月30日まで】 : 埼玉県(せり売) インターネット公売 Yahoo!官公庁オークション

トヨタ・ヴォクシー、入札期間まで終了していますが10万4千円です。しかも車検がまだ残っているのでそのまま受け取って使えます

他にもヴィッツ(初登録H21年)28万1000円、ムーヴ(初登録H15年)5万6500円、ワゴンR(初登録H18年)17万円などなど、車は中古車ショップで買うよりも安い物件が沢山あります。

Yahoo!官公庁オークション – 自動車、オートバイ

次にブランド品が狙い目です。

官公庁が出品者になっていますからねー、偽物を出すわけにはいかないので基本的には「真贋については確認済み」となっています。

アルコールを中心として飲食物もあります。現時点(2016年2月)では他に山形米(あきたこまち)も多く出品されていました。玄米30kgで6500円なのでお得ですね。

注意点:送料や受け渡し場所までの交通費などがかかります。

オークション、通販ではすでに常識と言っていいほど浸透していますが、商品代金の他に送料がかかる場合があります。

これは大きいもの、重いものほど高くなるので注意が必要になります。商品代金は安かったけど送料で割高になった・・・なんて話にならないのでトータルで考える必要があります。

また、車などは受け渡しが出品元の行政機関となっている場合が多く、取りに行く必要がある他、登録費や車検切れの場合は車検代が別途かかります。

この辺りは官公庁オークションだけではなく普通のオークションでも同じですね。

上手に官公庁オークションを使いこなそう

まずは一旦どんなものがあるのか見てみるといいと思います。

Yahoo!官公庁オークション(インターネット公売、公有財産売却)

官公庁とついていますが出品されているものは一般人にも使えるものとなっているので、参加してみたくなると思いますよ(^-^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク