【DS】医薬品ネット販売大手のケンコーコムがドロップシッピングをしていたので紹介!

ドロップシッピング(以下DS)の記事を書くと言って全然書いていませんでした。前職がドロップシッピングの運営元で、規模もそれなりにあったので色々と書けるには書けるんですが何処まで書いていいのか難しいところ。

今回は在職中のことは関係なく、ドロップシッピング提供をあまり知られていない大手サイトがあったのでご紹介!

その名はケンコーコム。聞いたことあるでしょうか?健康メガショップとサブタイトルにつけているように健康器具や医薬品をネット販売している売上200億円以上の大手です。


スポンサーリンク

ケンコーコムとは?(概要)

ケンコーコムは1994年に後藤 玄利さんによって霊芝飲料の通信販売会社として株式会社ヘルシーネットとして設立されたことが始まりです。

その後、2000年に事業拡大のためインターネット販売サイト「ケンコーコム」を公開。2002年より医薬品の取り扱いを始めましたが、売上が堅調であり、ブランドとしてもケンコーコムが広まってきたため2003年にケンコーコム株式会社に社名変更。
2009年施行の改正薬事法に合わせて改正された薬事法施行規則の影響により、一時期は医薬品の販売を取りやめていましたがインターネットでの医薬品販売を求めた行政訴訟で勝訴し、2013年よりまた販売を再開しています。

海外展開も行っており、米カリフォルニアとシンガポールにそれぞれ子会社を設立しています。日本ではマザーズに上場、地盤をしっかりと固めつつ、未来を見据えた経営を行っている優良企業です。

ケンコーコムが提供するドロップシッピングとは?

ケンコーコムDS

画像引用:ケンコーコム

仕組みは多くのドロップシッピングと同じように、利用者(ドロップシッパー)がyahooショッピングや楽天などで商品を販売し、受注した際はケンコーコムの倉庫から購入者へ直接配送してくれるといったものです。商品情報や商品画像は提供していただけるので安心!

ケンコーコム記載の説明書きには以下の4つの特徴が記されています。

  1. 在庫を持たずに健康関連商品の9万アイテム(今後も増加予定)を販売できます。
  2. 商品情報(商品写真、説明文等)をご提供します。
  3. 貴社マーク(ロゴ)入りの箱、納品書で配送いたします。
  4. 大規模なシステム開発不要、物流投資不要です。

商品数は9万アイテム(今後も増加予定)ということでかなり豊富です。また1番特徴的なのは「貴社マーク(ロゴ)入りの箱、納品書で配送いたします。」ということ。多くの場合は無地か運営元のロゴの入った箱で送付されます。なので届いた購入者は一瞬、こんなところで買ったっけ?となることがありますが、ロゴ入りの箱で送っていただけるとのことでその心配は不要。ブランディングしていく際にも嬉しいポイントです。

yahooショッピングなどでケンコーコムが販売している商品を見る限り、もしもドロップシッピングの商品と同一の商品が多い、かつ、もしもの方が高いので、ケンコーコム→もしも→もしも登録者(ドロップシッパー)という構図になっているのでは?と思います。この場合、ケンコーコムのDSを使えば中抜きのもしもを通さずに販売することができるので低価格で販売することができ、価格面でかなり優位に立つことができます。

興味のある方は1度ケンコーコムのドロップシッピングについて、サイトで確認してみてください!
※登録は法人に限定されております。また審査があります。

☆お願い☆
この記事が少しでも役立ったと思ったらシェアや拡散にご協力ください。宜しくお願いします!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク