【ワイン】2015年ボジョレー・ヌーヴォーは素晴らしい出来栄え。11/19解禁!

この季節、楽しみな1つとしてボジョレー・ヌーヴォー(ボージョレ・ヌーボー)がありますね。自分は普段から赤ワインを飲む機会が多いので、毎年この時期になるとボジョレーが楽しみで仕方ありません(^^)♪ ボジョレーは若いワインだから、ワイン好きには好まれないとか言いますが、全然そんなことなく楽しみにしています☆

今回はそんなボジョレー・ヌーヴォーの知っておくべき基礎知識(馬鹿にされないための常識)と今年オススメのボジョレー・ヌーヴォーをご紹介します。


スポンサーリンク

そもそもボジョレー・ヌーヴォーって何なの?

ボジョレー・ヌーヴォーは銘柄のように思っている方が多くいるようですが、銘柄ではなく俗称です。ヌーヴォーとはフランス語で新しいという意味があります。フランスのブルゴーニュ地方にあるボジョレー地区で作られている、新しいワインということでボジョレー・ヌーヴォーと呼ばれています。その年に出来た葡萄を8月頃から収穫して作られる非常に若いワインです。

毎年、11月の第3木曜日が解禁日となっており、居酒屋やバーでは当日(0時〜)一種のワインのお祭りになります。今年は11月19日(木)が解禁日となるのでいち早く飲みたい方はぜひ行ってみてください。24時間のスーパーでも早いところは0時から店先に並ぶかもしれません。

今年オススメのボジョレー・ヌーヴォー

先ほど説明した通り、ボジョレー・ヌーヴォーは銘柄ではなく俗称なので販売元や畑によって幾つかの銘柄が販売されます。地区は同じなので大きくは変わりませんがそれでも少しづつ変わってきます。今回は事前予約できるAMAZONショップの中からオススメをご紹介!

1.ジル・ド・ラモア ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー・ゴールド 2015 3,996円

ジル・ド・ラモア ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー・ゴールド?2015 750ml

甘めの華やかな香りと心地よいほのかな酸味が特徴の豊かな味わいで飲みやすく、パーティーなどに最適な赤ワインです。白ワインが好きな人にはシルバーもあります。お値段がちょっと高めですが味は期待できます。

ジル・ド・ラモア マコン・ヴィラージュ・ヌーヴォー・シルバー?2015 750ml


※ただし、フランスのワイン法ではシルバーはボジョレー・ヌーヴォーではありません。

2.ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー2015 750ml 2,170円

1のジル・ド・ラモアよりもお手軽に飲める、そして販売元が安心のサントリーということでオススメなのがジョルジュ・デュブッフ。おそらく多くのスーパーで販売されるのがこのジョルジュ・デュブッフではないでしょうか。
果実の弾けるような味わいを最大限に引き出し、美食の都リヨンをはじめとする、各国のシェフ、ソムリエ、そしてワインを愛するすべての人々を魅了する赤ワイン。

ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー2015 750ml

3.タイユヴァン ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー・ヴィエイユ・ヴィーニュ 2015 750m 3,480円

1946年から続くパリの最高級三ツ星レストラン”タイユヴァン”。料理だけでなくワインの評価も高いことで有名です。古樹に出来た葡萄から作られる味わい深さが特徴的なタイユヴァン品質の赤ワインです。

タイユヴァン ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー・ヴィエイユ・ヴィーニュ?2015 750ml

後記

解禁日まで今年も残すところあと1週間ちょっと。楽しみで仕方ありませんね♪
当日はおそらく静岡の街中に出て複数種類のボジョレー・ヌーヴォーを飲みます。1と3はお店で出しているところがありそうなのでそこで飲んで、2はAMAZONで購入して飲むことになるかな。今年のボジョレーを飲んでみた方はぜひコメントかtwitterなどで感想を聞かせてください^^

☆お願い☆
この記事が少しでも役立ったと思ったらシェアや拡散にご協力ください。宜しくお願いします!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク