モノレート見てたら面白いグラフ見つけた。こういう商品を見つけていくことが仕入れのコツ!

今日は中国から輸入する商品を見つけるためにタオバオ、Amazon、オークファンを行ったり来たりしていました。その中で久々にこれは参考になる、というグラフを見つけたのでご紹介(具体的な商品名は控えさせてもらっています)。


スポンサーリンク

探すべきはこのグラフ!

理想的なグラフ

今年の7月末に発売を開始。3週間ほどして売れ出したと思ったら怒涛の勢いで3日間で欠品(出品者0)になっています。おそらくグラフを見る限りは3日間での売上個数は15〜20個。1,180円の20個で23,600円の売上後、5日間欠品して再販売→値上げしても安定して売れている、といった経過が見て取れます。

この出品者の素晴らしいところは以下の2つ。

  1. 欠品が5日間だけ
  2. 値上げをしている

中国からの輸入商品であるため、再入荷までには多少日数がかかります。それが5日間だけということは欠品前に手をしっかり打っています。また、売れている商品の値上げというのは売上が落ちる不安が大きく、なかなか思い切ってあげることができません。それをしっかりと行って適正価格に持って行っているのが素晴らしい←上から目線(^^;

メーカーで働いている時もこの欠品と値上げにはものすごく気を使っていました。仕入れすぎて売れなければ不良在庫、少なすぎれば機会損失が待っている1番難しいところ。価格も数%上げただけで売上がガタ落ちしたという話もあるのでこの70%近く(1,180円に対して800円)は簡単にできるものではありません。

ということで自分が扱っている商品ではなく、物販初心者に参考になるデータがあったので紹介してみました。このようなグラフの動き方をしている中国商品を見つけて、自分で仕入れて販売することで確実な収益に繋げることができます。

追記:仕入れ価格と利益計算

仕入れ価格を記載していませんでした。この商品は現時点(2015年9月2日)でタオバオ価格23元(433円くらい)となっています。輸入から販売までの諸費用をざっくり足して700円前後だと思います。FBA費用計が736円なので

販売価格1,980円ー仕入れ価格700円ーFBA費用計736円=544円(利益額)

利益額544円/販売価格1,980円=27.5%(利益率)

この利益率ならぜひやるべき商品であることがわかります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク