フランス流!飲めるエッセンシャルオイルで楽しい健康アロマライフ!

最近は日本でも楽しんでいる人が多く定着してきたアロマ。

アロマ(aroma)は英語で”芳香、香り“を意味しており、その名の通り植物由来の香りが楽しまれています。また香りを楽しむだけではなく、心身の健康やリラクセーション、ストレスの解消などを目的としたアロマテラピーも広がっています。

エッセンシャルオイルと呼ばれる精油を焚いたり、ディフューズするだけのお手軽さも流行の要因だと思います。そんな香りを楽しむエッセンシャルオイルですが、身体に塗布したり飲むことができる精油があるのを知っていましたか?


スポンサーリンク

日本で流行っているのはイギリス式

アロマの楽しみ方は大きく分けてイギリス式とフランス式の2つに分かれます。フランス式はメディカルアロマテラピーとも呼ばれており、香りだけで無く、エッセンシャルオイルの成分を利用して病気の予防や体調不良を改善する自然療法として用いられます。このため、フランスではエッセンシャルオイルは”薬”として精油の処方を行えるのは医師と薬剤師となっています。

これに対してイギリス式はリラクゼーション目的で用いられ、イギリスではエッセンシャルオイルは”雑貨”ということになります。つまり医師や薬剤師ではなくて誰でも扱うことを目的としています。始まりは看護師さんが患者さんのストレス軽減のために炊いたことだとか(本当かどうかはわかりません。)

主に熱で焚いたり、霧状にして部屋に散布(ディフューズ)することにより香りを楽しんだり、一部のものは身体に塗布してマッサージしたりします。日本では文化としてイギリス式が先に入ってきたのでイギリス式が一般的ですね。

フランス式のいい点は?

フランス式で使われるエッセンシャルオイルのいい点は、前述の通り医療行為としても使われるということから質が高いオイルになります

価格は高くなってしまいますが天然100%のエッセンシャルオイルとアロマオイル、フレグランスオイルは鼻が慣れてくると明らかに違っていて、本当に心地よい香りに思えてくるようです。慣れていない私でも比べてみたらエッセンシャルオイルの香りの方が好きでした。

またエッセンシャルオイルは植物由来であるため、元となる植物の成分によっては飲むことができます。例えばレモン。アロマでは定番で人気のあるレモンですが植物自体も料理やジュース、お菓子で使われていますよね。このレモンのエッセンシャルオイルは、果物と同じように料理やジュース、お菓子に使うことができます。私は下記のエッセンシャルオイルを使っていますが水に1〜2滴垂らすだけでレモン水になるのでしっかりと味を楽しむことが出来ます

これらは日本では“薬”ではありませんが雑貨でもありません。

ドテラのオイルは塗布できるものは”化粧品“、飲用できるものは”食品添加物“として販売しています。上記で紹介しているレモンにも瓶に食品添加物として記載されています。この認可が下りていることからも摂取できるものであることがわかります。

doterra_syokuhin

ただし、いくら食品添加物であるからと大量に摂取してはいけません。エッセンシャルオイルというのは製造の過程で実際の植物を摂取するよりも高濃度に圧縮されています。つまり、普通に食品を摂取するよりも成分でいうと大量に摂取することになるということ。レモンなどはまだ良いですが中には多く摂取することにより体調を崩してしまうものがあります。

これらはあくまで食品添加物です。食品添加物とは食品ではなく、食事または飲み物の中にごく少量(場合によっては1滴以下、爪楊枝の先程度)を加えて使う物になりますのでそのことを頭に入れておき、間違った使い方をしないように気をつけましょう。

イギリス式のいい点は?

では反対にイギリス式のエッセンシャルオイルのいい点は何があるでしょうか?

エッセンシャルオイルと言わずにアロマオイルとして売られていることが多いですがやはり1番のメリットは価格が安いことです。例えば下記の商品ですが、量は先ほど紹介したエッセンシャルオイルに比べて5ml少ないですが価格は5分の1以下になります。ただし、注意書きを見ていただければ分かりますが「精油を飲用したり、直接肌に付けないようにしてください。」と記載されています。レモンなのに飲んだり塗布してはいけない、つまり香りを楽しむために作っているので天然ではなく何かしら加えている可能性があります。

ただし、100%天然で摂取可能なオイルでも上記に書いたように大量摂取すると危険であるため、あえて食品添加物ではなく雑貨として販売して塗布・飲用を禁止している場合もあります。

結局、どちらがいいかは使い方や好み次第!

私が最近、フランス式でも使えるdoterra(ドテラ)のエッセンシャルオイルに凝っているため、フランス式の方が良いような書きっぷりになってしまいましたが、どちらがいいかは人それぞれです。

香りを楽しみたいだけで塗布や飲用をしないのであればフランス式は高いと感じてイギリス式で紹介したエッセンシャルオイルの方が良いかもしれないですし、香りを楽しむだけの人でも質が高い方がいいという人はdoTERRA(ドテラ)のエッセンシャルオイルはおすすめです。細かく書くと長くなってしまいますので書きませんが、ドテラのオイルは産地にもこだわりを持って、何年もいい○○(原料)ができると言われているところの植物を使っています。(ラベンダーはフランス、レモンはイタリア、など)

ただし、どちらを使用するにしてもしっかりと取扱説明書を読んだ上で正しく使用して下さい!特に飲用できないのを飲用・塗布すると身体を壊す可能性があります。

今後は塗布、飲用できるエッセンシャルオイルについて使い方や効能を不定期で紹介していきます。興味がある方はぜひご覧ください。

☆お願い☆
この記事が少しでも役立ったと思ったらシェアや拡散にご協力ください。宜しくお願いします!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク